であいけいSAIと 掲示板 船橋

【であいけいSAIと 掲示板 船橋】

D(キャバ嬢)「有名ブランドのバッグなんてちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしとかは、いろんな男の人に同じもの欲しがって1個だけもらっていて残りは売り払う」
筆者「マジですか?もらったのにオークションに出すんですか?」
D(ホステス)「ってか、大事にもらっとくワケないです。単にコレクションしてもそんなにいらないし、季節で売れる色味とかもあるので、新しい人に使ってもらった方がバッグの意味があるんじゃん」
国立大に通う十代Eごめんなさい。わたしもなんですけどプレゼントをお金に換える派です」
C(銀座のサロンで受付をしている)「船橋系サイトを利用して複数のことが起きていたんですね…私は一度もそういう発想自体ありませんでした」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。船橋系サイトを通してどういう異性と交流しましたか?
C「お金につながるような男性はいませんでした。そろって、普段女の人と関わってなさそうで、デートとかはどうでもいいんです。わたしなんですけど、であいけいSAIと系サイトについてなんですが、彼氏を見つける目的で期待していたのに、体だけ求められても困りますね」
筆者「であいけいSAIと系サイト上でどんな異性と知り合いたいんですか?
C「要求が高いかもなんですけど、医者とか弁護士の方とか国立大在学中の将来性のある男性が目当てなんです。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、国立大で勉強していますが、であいけいSAIと系サイトにもまれにエリートがまざっています。とはいえ、大抵はパッとしないんですよ。」
掲示板系サイトを見ると、オタクに関して遠ざけるであいけいSAIとはどことなく優勢のようです。
サブカルに抵抗がなくなってきているかの日本でも、まだ一般の人には受入れがたいもののようです。

船橋系サイトに関して、アカウントを持っている人は何を求めてそんなに楽しいのでしょうか?
そんな疑問を答えを求めて今回は、ネット上でインタビューする人を集め、東京のとある喫茶店でインタビューを実行しました。
そろったのは、しょっちゅう掲示板系サイトのアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性メンバーは、会社勤めのA、離婚して子供を育てているB、ホストとして働き始めたC、女性については、警備の仕事をしているD、新米グラドルのEも加えて2人です。
最初に、筆者は参加してくれた人たちに、簡単な質問をして、その答えに応じて、深く踏み込む形でインタビューを実行しました。
筆者「では、質問表に、これまで掲示板系サイトで関わりを持った男性がかなりの数に上るEさんの話を深く掘り下げたいんですが、どんな過程を経て二十人もの異性と交流を始めたんですか?
E(グラドルを始めたばかり)「わたしって、日替わりで相手も変えるんです」
筆者「交代ってことは、一回会った異性とは会うものなんでしょうか?」
E「一回で十分っていうか。ついでに言うと、もっと他の人で他にもいろいろいるだろうから、連絡を切っちゃう。向こうが会いたいとか言ってきても、掲示板系サイトなんだから少数に的を絞ることないって考えたらもういいかなって」
自由自在なEさんに、「そんなにうまくいくはずがない」と驚愕するCさん、Dさん。
その次に、Aさんが衝撃の体験を筆者に語りだしました。