ラウンドワン 出会い エッチ ガチで1番いい

【ラウンドワン 出会い エッチ ガチで1番いい】

今日は、ガチで1番いい系サイトの男をあさる十代から三十代までの女性5人に聞き取り調査しました。
メンバーについては、夫がいるA、三股中でギャルファッションに身を包むB、キャバ嬢として稼ぐD、あとは、現役大学生のE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンで応対をしているC、
これは内緒ですが、三十代女性に絞って取材を行いたかったんですが、ドタキャンのため、早々と駅前で「出会い系サイトについてのインタビューに協力してほしい」と数十人の女性にトライして、ナンパみたいな呼びかけにも快くOKしてくれた、十代のEさんを含むメンバーに加えました。
一番に、筆者に先んじて、話し出したのは、現在3人の男性と関係を持っているBさん。
B(三十代のギャル)「出会い系サイトなんですけど、「みなさんはどんな理由があってアカ取るんですか?私は援助目的で今は三人とお付き合いしてます」
しゃあしゃあと語るBさんに、Aさんら4人も落ち着かない様子で自分の話を始めました。
A(既婚者)「私の場合は、ただ単に主人だけだと寂しくてアカウント取ったんですよ。一般常識としては、問題だとは思うんですけど、自分からネットで募集掛けてしまいます。」
B「一旦ハマるとヤミツキになりますね」
筆者「お金重視でガチで1番いい系サイトを利用する女の人は大勢いる?」
B「それ以外で理由あります?」
Bさんの後に、ナイトワークをしているDさんがぽつりと、男性サイドには自信をなくすようなことを語りました。

ラウンドワン系を使ってばかりなという人たちはつまり、まず基本的に孤独な人間で、相手にも自分にすらも、人と人とのかかわりを持つという価値がないと思ってしまっているという冷めた考え方で他人と接しているのです。
いつも出会い系サイトを使っているような人はやはり、恋愛関係というよりもまず、すさんだ家庭で育ってきていたり、一般的な友人関係もまず維持できないという人格であることが多いのです。
そういう人に共通しているのは、当事者以外が見ると、何の変哲もない人であり、何の悩みも持っていないようについ感じてしまうのですが、実情はもっと複雑なようです。
誰かとの関係を持つことを恐れたり抵抗があったりして、それが家族であっても、友達になって関係を持つことも、会社での誰かとの関係も、恋人としての人間関係も、続けさせるということもできず、そういう記憶があるからこそ意識して異性への興味を削っている、という感じの人生を送った人が相当数いるのです。
そういうタイプの人たちの考えでは、エッチ系の内部は緊張をせずともよいところです。
ガチで1番いい系サイトでの人間関係は、長く続くことは稀であるのが当たり前だからです。
ほとんどの場合、本気のパートナーとは言えない関係しか得るに至れないので、発展もしなければ問題にもならず、最初に考えていたことだけ終わればそこで終わるのも当然です。
エッチ系での相手に熱中してしまうような人は、一般的な人間関係の形成をほとんど存在しないものと考えている人で、自分以外を信用できるようになれば、エッチ系サイトという場所からは遠ざかっていくことが多いようです。