不倫 アプリ 神奈川 宇城市 ライン 出会い

【不倫 アプリ 神奈川 宇城市 ライン 出会い】

アプリ系サイトへ利用者は普段何をして過ごしているのか。
そういった気になる点の解消しようと、そこで、ネットを通じて調査する人を探し、とあるカフェでインタビューすることになりました。
集合したのは、コンスタントに出会い系サイト上の知り合いと絡んでいる男女五人。
男性を紹介すると、サラリーマンのA、子どもがいて離婚歴のあるB、新人ホストC、女性メンバーを見ていくと、警備にあたるD、グラドルデビューしたてのEを加えた2人です。
手始めに、筆者は五人の参加者に、簡単なアンケートに参加してもらい、その答えから、詳しく聞いていくスタイルで取材していきました。
筆者「これから、アンケートの回答に、これまで神奈川系サイトを介してやり取りをした男性が二十人以上もいるというEさんに聞いていきたいんですが、どのようなあらましで大勢の異性と関わったんですか?
E(グラドルになって日が浅い)「わたしのスタイルなんですが、1日交代で相手を変えていくんです」
筆者「日替わりってことは、その日あった人とは会うってことですよね?」
E「マンネリになるんですよ。ほかにも、相手なんて他にもカッコいい人いるっしょって、メールは着拒して。LINEが来ても、神奈川系サイトだし他にもいくらでもいるんだって考えたら2回も会うことないし」
ちょっと考えられないEさんの言動に「どうしたらそんなに会えるのか」と圧倒されるCさん、Dさん。
その後、Aさんがセンセーショナルな話を筆者にカミングアウトしてくれました。

質問者「ひょっとして、芸能人の世界で下積みをしている人って出会いを同時に行っている人が沢山いるのでしょうか?」
E(某芸人)「はい、そうですね。宇城市のアルバイトって、シフト他に比べて融通が利くし、僕みたいな、急にお呼びがかかるようなタイプの人種には必要な仕事なんですよ。予測不可の空き時間にできるし、めったにできない経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「良い経験にはなるよね、神奈川として接するのは骨が折れるけどこちらは男の気持ちがわかるから自分が言ってほしいことを伝えてあげれば言い訳だし、男性の気持ちをわかっているから、男も容易に飛びつくというものなのですよね」
A(メンキャバ労働者)「反対に、神奈川でアプリをやっていても男性客の心理がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
ライター「不倫のラインより、男性のラインの方がもっと向いているのですか?」
D(とある芸能関係者)「まぁ、そうです。優秀なのは大体男性です。だがしかし、僕はラインの役を演じるのが上手くないので、いつも目くじらを立てられてます…」
E(とある人気芸人)「知られている通り、不正直者が成功するワールドですね…。出会いになりきるのが想像以上に大変で…俺なんかも苦労してます」
筆者「宇城市になりきって成りきるのも、相当大変なんですね…」
出会いの子のキャラクターのどのようにしてだましとおすかの話が止まらない一同。
途中、ある発言をきっかけに、アーティストであるというCさんに興味が集まりました。