都城 出会いカフェ 蒲田カフェ

【都城 出会いカフェ 蒲田カフェ】

この度は、出会いカフェ系サイトで活用している十代から三十代まで幅広い女性にインタビューを実施しました。
今日来てくれたのは、既婚者Aに、3人の男性をキープしているギャルB、水商売で稼いでいるD、ラストに、国立大学に在籍しているE。銀座のリフレクソロジーお店で受付を担当しているC、
裏話ですが、三十路の女性五人へのインタビューを予定していたんですが、直前になってキャンセルを食らい、そのまま駅のところで「都城系サイトについてのインタビューを受けてほしい」と何十人もの女性に声をかけ、怪しいセールスにも快くOKしてくれた、十代のEさん含め五人に取材を敢行しました。
第一に、筆者をさえぎって語ってくれたのは、現在三股をかけているBさん。
B(三十代のギャル)「都城系サイトなんですけど、「みんな何がきっかけで利用しだしたんですか?私はATMが欲しくて今は三人とお付き合いしてます」
楽しくてたまらない様子で暴露するBさんに他の4人も踏ん切りがつかないながらも自分の体験談を語り始めました。
A(既婚者)「私に関しては、単純に、浮気に興味があって始まりです。ほかの人から見たら、恥ずかしいことってわかるけど、やっぱり都城系サイトは利用する。」
B「一度使うとすっかり頼っちゃいますよね」
筆者「パパになってくれる人を求めて蒲田カフェ系サイトにログインする女性がたくさんいるんでしょうか?」
B「じゃなきゃハマらないですよ」
そこで水商売のDさんがそしらぬ顔で、男性としては自信をなくすようなことを付きつけました。

筆者「いきなりですが、それぞれ都城系サイトを利用して異性と交流するようになったのはなぜか、順序良く聞いていきたいと思います。
メンツは高校を卒業しないまま、五年間ほぼ自室にこもっているA、「せどり」で暮らそうと頑張っているB、小規模の芸能事務所でレクチャーを受けてアクション俳優を志望しているC、出会いカフェ系サイトをやり尽くしたと自信たっぷりの、パートのD、最後に、新宿二丁目で水商売をしているE。
5人全員二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(普段は自室から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットを使っていたら、いい感じの子を見つけたら女の子の方から連絡をくれたんですよ。しばらくしてあるサイトに会員登録したら、直接メールしていいって言われたので、会員登録したんです。その後はメールの返信がなかったんです。それでも、他にも出会いカフェはたくさんいたのでいたので。」
B(内職中)「始めはやっぱり、自分もメールを何回かして。すごいきれいな人でどっぷりでした。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトってのが、サクラの多さで有名だったんだけど、会えないこともなかったので、未だに使い続けています。
C(俳優志望)「私についてですが、役作りにいいかと思ってアカウント登録したんです。蒲田カフェ系サイト利用にさんざん悪用する役をもらって、私も実際に使ってみました。
D(アルバイト)「僕については、友人でハマっている人がいて、影響を受けながら登録したってところです」
加えて、トリとなるEさん。
この人については、ちょっと特殊な例なので端的に言って浮いてましたね。